reason

長年、栃木レザーと取引のある北米唯一の原皮屋直営フルベジタブルタンナーWickett&Craig。
そのフルベジタブルタンナーを栃木レザーから紹介してもらい、その丈夫さ、品質の高さに魅かれたハシモト産業は、[この革なら日本の皮革品をひとつ上のステージに引き上げることが可能だ]と確信し、すぐに取引を打診、製造工程の確認などを経てついに日本国内での取引が可能となりました。
まずは4品目のラインナップ。「本物」の革をご堪能あれ・・・。

DIPPEDWORK HARNESS

“堅牢性”と“柔軟性”を兼ね備えた極上レザー!!

ディッピングにより芯まで浸透したワックスとオイルがワイルドな風合いと柔軟性をもたせプルアップを際立たせています。
革名が示すとおり強度と耐久性が求められる“ハーネス”用、極厚の極上品!!他社のハーネス用と違い、出来る限り引き伸ばさず乾燥し、オイル、ワックス、獣脂をミックスさせた蝋が際立った特徴のプルアップレザー。
PRESTIGE

“上品な風合いと落ち着いた光沢のエレガントレザー”

オイルを使用せず表面を丁寧に染料調に仕上げたスムースタイプのレザーです。固すぎず加工しやすい商品に仕上げています。
繊維も良くしまっており、使い込むほどにタンニン鞣し特有の“コシ ハリ”を失うことなく、しなやかで上品な風合いを楽しめます。
HARNESS NO GLAZE

“使う人によって表情が変化する個性的な逸品”

オイルを使用せず染料とワックスで仕上げ、元々はグレージングで艶を出す革として開発された商品でしたがあえてグレージングを掛けずマットなままでムラの有る表情を残し、使用するうちに艶が出てくるタイプの商品に仕上げています。
持つ人なりの“個性”が感じられ、使い込むほどにタンニン鞣し特有の変化を楽しんで頂ける商品です。
Oiled latigo

“洗練された色合いとワイルドな質感の共存”

ディップワークハーネス同様に吟面を残してディッピングによりワックスを浸透させていることを特徴としているので強度と柔軟性を兼ね備えています。
加えて今回のシリーズの中で最多の6色を展開しており、各色とも深みのある洗練された色合いになっています。
また豊富な用途に使用可能な2.5mmの厚みも特徴の一つです。

concept

wickett&Craig社は1867年の創設以来、革製品 および馬具の製造のため、ピットでタンニンなめしをした革を製造してきたアメリカ北部の会社です。我々の製革所は、1世紀と言う長きにわたり、世界中のバイヤー達に最高品質だと認められる革を産出してきました。 我々の革職人たちは、他の追随を許さないほどの品質と昔ながらの製法でなめされた革を生産することを誇りに しています。また彼らは博識で、経験豊かで、環境に配慮するプロフェッショナルから成っています。

120年以上、なめしている工場は、カナダのオンタリオ州トロントで設立されました。 1990年、アメリカのペンシルバニア州カーウェンズビルに移転したWickett&Craig社は、1.6km³の広大な敷地を有し、最先端の技術が整備され、環境への配慮が行き届いた施設に生まれ変わりました。

contact

Company Name 商品に関するお問い合わせはこちらからお願いします。
尚、*は入力必須項目となっております。
Your Name*
Mail*
Telephone
Message